■GRETSCH G6128T-57 DuoJet ブリッジ台座固定やサビ落とし

  • 2019.04.22 Monday
  • 19:28

JUGEMテーマ:楽器



■グレッチ G6128T-57 デュオジェットのブリッジ台座固定やサビ落とし




かなり使い込まれたデュオジェット。

ピックアップやブリッジなどの金属パーツがサビているようです。






DuoJet_ビフォー




弦を外して詳しく見てみます。






DuoJet_ビフォーPU


ポールピースの高さを変える調整ネジが固まっているところや、ネジを回してもポールピースが反応してくれないところもあり、ここのまでは高さ調整ができない状態でした…。




内部を確認してみます。






DuoJet_ビフォーPU中


ポールピースの側面やネジ部分もかなりサビ付いていました…。


ピックアップ・カバーもメッキが剥がれていたり、緑色のサビも出ています。


そこで、パーツを分解してクリーニングする、ピックアップのオーバーホールを行う事になりました。






DuoJet_アフターPU中


できるだけサビを落として、ポールピースの高さも調整できるようになりました。





そして、ブリッジもきれいにして行きます。






DuoJet_ビフォーブリッジ


サドルの弦溝にできたサビや汚れなどの影響で、少しこもったような音がするところもありましたので、こちらもオーバーホールいたします。






DuoJet_アフターブリッジ


こんな感じに。






スペース・コントロール・ブリッジは、各サドルでオクターブの微調整はできませんが、サドル径の違いから弦長が良い塩梅に変わっていて、思った以上に各弦のオクターブ・チューニングが合ってくれます。






それでは、いよいよ、

ブリッジ台座のずれ防止の加工に入ります。


先にセットアップ調整を行っておき、ここでオクターブを合わせ、ブリッジ台座の位置を決めていきます。






DuoJet_ヒンド加工


位置が決まりましたら、ブリッジ台座とボディをつなぐ小さなピンを慎重に取り付けます。






DuoJet_アフター取り付け


弦を張って状態を確認。


取り付けたのは小さなピンですが、強いピッキングでも強いベンドでも、もうブリッジは動きません。


アンプから音を出しながらピックアップの高さ調整をして、リペア終了になります。

(最初の写真よりきれいになっていると思います…)






DuoJet_アフター


指板のインレイがハンプトップの'57は、ジョージ・ハリスンさんと同じタイプですね。






*ブリッジのずれ防止については、こちらのブログもどうぞ。


■GRETSCH G6136 DC "White Falcon Double Cutaway" ブリッジ台座のずれ防止ピン取り付けとナット調整
http://gw-eight.jugem.jp/?eid=207


■GRETSCH 6120 Nashville BS ピンド・ブリッジ加工やビグスビーの角度修正など
http://gw-eight.jugem.jp/?eid=161


■GRETSCH 6119B BROADKASTER ブリッジ台座ズレ防止のピンド・ブリッジ取付け
http://gw-eight.jugem.jp/?eid=76


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ■FERNANDES ZO-3 の電池BOXのフタ製作
    mmm (01/27)
  • ■Bacchus LIMITED EDITION BTL-HUM/M リア・ピックアップ交換
    oksana (08/09)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM