■Gibson Les Paul Standard のフレットすり合わせ&ピックアップ交換

  • 2013.05.11 Saturday
  • 13:10

ギブソン・レスポール・スタンダードの「フレットすり合わせ」&「リア・ピックアップ交換」を承りました。

LPビフォー
ステッカーはありますがスタンダードなレスポールです。

LPフレット(弦あり)
フレットのすり合わせから行っていきます。
弦を張っていると分かりにくいですが…

LP_すり合わせ完了
弦を外すとフレットの凹みが分かりやすくなります。
特に2・3弦あたりの凹みが目立ちます。

LP_すり合わせ完了
ネックの反りを調整した後、フレットの凹みがなくなるまですり合わせをします。
上部の角を丸めたらピカピカに磨きあげ仕上げます。
すり合わせ完了。

LP_交換用PU
次にリア・ピックアップをセイモア・ダンカンのDuncan Custom「SH-5」に交換します。
「SH-5」はビンテージタイプの'59modelをパワーアップさせたハードなドライビング・サウンドが得られるモデルです。

LP_PU取り付け
ピックアップを交換してコントロール部との配線を済ませ、新しい弦に張り替えたところ。
これから弦高、オクターブ、ピックアップの高さの最終調整を行っていきます。

LP_完了
ピックアップのカバーがないと見た目にもよりロックな感じがでてきました。
元のピックアップよりも音量があり歪ませても音が潰れていない印象でした。
フレットをすり合わせたので演奏もしやすくなりました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ■Bacchus LIMITED EDITION BTL-HUM/M リア・ピックアップ交換
    oksana (08/09)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM