■GUILD「D30」のブレイシング剥がれ修理

  • 2013.11.15 Friday
  • 19:33
JUGEMテーマ:楽器


■ギルド「D30」アコースティックギターのブレイシング剥がれの修理を承りました。

5、6弦の3フレットあたりを押さえて弾くとビリビリと少し気になる音がします。 ブリッジの右横あたりを押さえると止むのでブレイシイングの剥がれではないかというご依頼です。
弦を外して内部を詳しく見て行きます。

ブレイシングはがれ2
まず、その押さえると止むブリッジの右横あたりのブレイシングを見て行きます。
薄い紙を差し込んで確認してみますと、やはりブレイシングが2cmほど剥がれていました。


ブレイシングはがれ1
他の全てのブレイシングもチェックしていきます…と、もう一箇所見つかりました。
こちらはサウンドホールの右横のXブレイシング。末端から4cmくらいです。


ブレイシング接着ブリッジ側
まずはブリッジ側から接着。1箇所づつ確実に行います。


ブレイシング接着ホール側
次にサウンドホール側のXブレイシングを接着。


指板オイル
接着が完了しましたら弦を張る前に指板を掃除してレモンオイルで保湿保護しておきます。


ロッド調整
ネックの反りを調整して新しい弦に張替えましたら、


完了
完了となります。
このギターはドレッドノートサイズですが、アーチ構造のバックとサイドとネックがメイプルです。
豊かな低音が印象的でバランスがよくフィンガーピッキングでもいい音色がしていました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ■Bacchus LIMITED EDITION BTL-HUM/M リア・ピックアップ交換
    oksana (08/09)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM