■Gretsch G6118T Kanda 60th Anv., AnniversaryのBigsby 角度修正とストラップピン交換

  • 2019.02.12 Tuesday
  • 08:25

JUGEMテーマ:楽器



■グレッチ G6118T Kanda 60th Anv., アニバーサリーのビグスビー角度修正とストラップピン交換 




弦が全体的に1弦側に寄っていて、フレットから弦が落ちしそうな、少し弾き辛い状況になっていました。





グレッチのビグスビー曲がり


ビグスビーの取り付け部分が少し傾いていて、ボディ・トップに固定されていないブリッジと台座が、弦の張力によって1弦側にずれてしまっているのが原因でした。





グレッチの角度修正リペア


そこで、弦のセンターを出し直すために調整した薄い堅木をビグスビーとボディ・エンドとの間に挟み込み、角度修正を行いました。





グレッチのビグスビー角度修正 


弦のセンター出ました!


弦落ちする事もなくなり、ピックアップのポールピースも弦の下にきましたので、音もしっかり拾ってくれそうです。

 



この作業に掛かる前には、ネックの反りなどもみられましたので、先になるべく良い状態にしておいて、ビグスビーの角度修正を行った後、再度セットアップ調整行いました。



そして、お気づきかもしれませんが、ストラップピンはロック式に交換いたしました。






こちらのブログにもビグスビーの角度修正ございます。

■GRETSCH 6120 Nashville BS ピンド・ブリッジ加工やビグスビーの角度修正など

http://gw-eight.jugem.jp/?eid=161



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ■FERNANDES ZO-3 の電池BOXのフタ製作
    mmm (01/27)
  • ■Bacchus LIMITED EDITION BTL-HUM/M リア・ピックアップ交換
    oksana (08/09)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM